社長ブログ

2010.02.25

2月

 早いもので、年が明けてから早二ヶ月が過ぎようとしています。サボりがちなブログをまとめて「2月」ということで。

 旧正月の2月14日、横浜に行ってきました。
中華街の正月はどんなものか、それだけを見るために。
だいぶ前に大晦日(春節の)に行ったことはありましたが・・・

 今年は折り良く日曜日、中華街はいつも混雑していて正月みたいな賑わいなのであまり普段との違いが分からないというのが正直な感想。店々にお正月の飾りつけは見えますが、なにせ普段から極彩色の街なので・・・

 でも、夕刻からは中華街に「獅子舞」が登場、祝儀を軒先に下げた店に入りお祝いの舞をし、店先では爆竹が物凄い音で鳴る頃には観光客の人混みで大変な賑わいになりました。

 「春節」ほここに住まう人たちの大切なもの。日本とは異なる賑やかな正月に元気をもらいました。

 そういえば、私の子供の頃は、家にも町内の獅子舞が来ていましたが、すっかり見られなくなりましたね。東京の下町ではまだ残っているのでしょうか。

 

 2月19日、静岡のライフタイムに渡辺貞夫が出演。2007年の浜松のジャズウィークで大感動でしたので行ってきました。
たっぷり3時間以上の熱演で、ONE DRINK 9000円というのはとてもリーズナブルだと思います。

 渡辺貞夫はあれほどの大物なのに、気さくで自然体、とても親しみやすい方です。本当にジャズを音楽を楽しんでいりのが伝わってきます。
なかでも私は彼のバラードが好き。30年以上も牢獄に繋がれたあるチベット僧のドキュメンタリー映画を観た夜に書上げたという TIMES AGOという曲には震えがくるぐらい感動しました。ナベサダの深く柔らかな悲しみと暖かさがこもったサックスと深く重い響きのベースに引き込まれ、感動、大満足。

 やはり、ライブは迫力と演奏者との一体感が何とも言えなく素晴らしい。

 

 映画「おとうと」を観ました。家族の絆って昔はこうだったんでしょうか。出来損ないはおとうとだから許されるんでしょうね。目下の者には愛情を注ぐものですから。温かい映画。人の死にあって全てのわだかまりがこのように溶けていけたらいいんでしょう。

 吉永小百合、彼女の内面から滲み出る美しさは別格ですね。

 

 平成22年2月22日、ぞろ目ですが特に記すべきことなく過ぎてしまい残念。

 2月23日は富士山の日。静岡県各地で催しがあったようです。この日は東京で会議でした。東京に向かう新幹線から多少曇っていましたが富士山が望めました。イベントに主役を欠くことがなく、関係の方々はホッとしたことでしょう。

 

 さて、来月は私の会社の年度末。追い込みが大変です。
そして、私は還暦を迎えます。誰かお祝いしてくれるのでしょうか。特に期待はしてませんけど・・・

カレンダー

«2月»
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28       

カテゴリーリスト

会社案内

株式会社
リスクコンサルティング
    静    岡

〒420-0025
静岡県静岡市葵区金座町47-1
金座ビル7階

Copyright (C) 株式会社リスクコンサルティング静岡 All Rights Reserved.