社長ブログ

2010.04.26

大学のミニクラス会(徳島)

さて、本番の徳島ミニクラス旅行です。

幹事は、徳島大学で産学協同のコーディネーターを務めるO教授。

当日に神戸に集まり徳島入りした4人と前日に高知観光をしてから徳島入りした

4人、幹事のOさんと合わせて9人の同窓会です。

 鳴門の渦潮を船で観光。久々の快晴で真っ青な海に幾つもの白い小波が立ち、ところどころに大きな渦が。大きな洗濯機のよう。

実は40年以上前の高校の修学旅行で来たはず(勝手に記憶を捏造してなければですが) その時は現在のように本四を繋ぐ橋が無かったわけですから長く船に揺られたのでしょう。船酔いした記憶しかありません。

今回は実に清清しい観光となりました。(渦潮万歳!)

 四国八十八所の第一番札所である「霊山寺」でご朱印をもらいましたが、

「屋台でたこ焼きを買うんじゃないから、もっと丁寧に扱ってよ」という印象。

 ホテル入りして夕食。還暦揃いのオジサン達の話題は、どうしても健康・年金の話になり勝ちですが、それはそれ往年の慶応ボーイ(?)はそれだけではありません。皆、セカンドライフを以下に有意義に生きるか、ひとしきり話が盛り上がりました。 感じたことは皆若い。それぞれの人生の苦楽が髪を薄くして白髪を増やしましたが、話していればすぐに学生時代の顔の戻ります。

 夕食後は市内のLEDアートフェスティバルをぶらぶらと見学。

 翌日は運よく春のお祭りの最終日とか、思いがけず「阿波踊り」を桟敷席で見学できました。超ラッキー(還暦が言うか!)

有名連がそれぞれの持ち味を出しての踊り。男踊りに女踊り、近頃は女性も男踊りをするようですが、これはこれで粋でいい。小さい子どもたち、特に三つ四つの女の子が一丁前に浴衣を着てアップした髪に笠をかぶって踊っているのはとても可愛くて。

いろいろ連の個性もあるようですが、私はあまり奇を衒わない伝統的な踊りがいいかな。 夏の本番はさぞ盛り上がるのでしょう。いつか必ず来ますよ、その興奮を味わいに。

 「阿波踊り」を見学した後はロープウェイで眉山に。 ここからは徳島市内が一望です。新緑と美しい海と吉野川に溶け込む、いい町です。

 徳島でのミニクラス会、楽しく無事に終わりました。

 次回は四年後でなく、二年後。(もう先が長くないからペースを早めますよ)

 越前永平寺で座禅を組みますよ。福井のTさん、宜しくお願いします。

2010.03.24

還暦

 とうとう還暦です。

 記念日に何かお祝い事をする慣わしのない我が家ですが、家族に祝ってもらいました。やはり還暦は特別なものでしょうか。

 しかし、妙な感じです。確かに60歳を迎えたのですが、実感がない。
それというのも、私が若かりし頃に持っていた還暦のイメージと重ならない。
人生60年も生きれば、それなりの風格が漂うと思うのだが、自身にそれが備わっているかと考えると、およそ答えはノーである。

 会社人生におさらばして独立して今の仕事を始めて20年、それなりに苦労はしてきたつもりだが、人生の大半は高度成長期にあり、団塊世代の最後尾で受験戦争で揉まれはしたが、実際のところはあまり苦労知らずなのかもしれない。

 思えば反省と後悔の日々ばかりですが、これからの人生を無駄なく生きようと思っております。

 *今後の人生のために自らに戒めの言葉(耳の痛い言葉です)*

 高いつもりで低いのは教養
低いつもりで高いのが気位

 深いつもりで浅いのは知識
浅いつもりで深いのが欲

 厚いつもりで薄いのは人情
薄いつもりで厚いのが面の皮

 強いつもりで弱いのは根性
弱いつもりで強いのが我

 多いつもりで少ないのは分別
少ないつもりで多いのが無駄

自分の価値は自分で決めるものではない。自分以外の他人が決めるもの。
私にはどれもズキズキと思い当たる言葉です。

この言葉を戒めとしつつ、でも所詮は人間そんなものというおおらかな気持ちで、あまり肩肘はらずに無理をしない人生を送りたいものです。

2010.02.25

2月

 早いもので、年が明けてから早二ヶ月が過ぎようとしています。サボりがちなブログをまとめて「2月」ということで。

 旧正月の2月14日、横浜に行ってきました。
中華街の正月はどんなものか、それだけを見るために。
だいぶ前に大晦日(春節の)に行ったことはありましたが・・・

 今年は折り良く日曜日、中華街はいつも混雑していて正月みたいな賑わいなのであまり普段との違いが分からないというのが正直な感想。店々にお正月の飾りつけは見えますが、なにせ普段から極彩色の街なので・・・

 でも、夕刻からは中華街に「獅子舞」が登場、祝儀を軒先に下げた店に入りお祝いの舞をし、店先では爆竹が物凄い音で鳴る頃には観光客の人混みで大変な賑わいになりました。

 「春節」ほここに住まう人たちの大切なもの。日本とは異なる賑やかな正月に元気をもらいました。

 そういえば、私の子供の頃は、家にも町内の獅子舞が来ていましたが、すっかり見られなくなりましたね。東京の下町ではまだ残っているのでしょうか。

 

 2月19日、静岡のライフタイムに渡辺貞夫が出演。2007年の浜松のジャズウィークで大感動でしたので行ってきました。
たっぷり3時間以上の熱演で、ONE DRINK 9000円というのはとてもリーズナブルだと思います。

 渡辺貞夫はあれほどの大物なのに、気さくで自然体、とても親しみやすい方です。本当にジャズを音楽を楽しんでいりのが伝わってきます。
なかでも私は彼のバラードが好き。30年以上も牢獄に繋がれたあるチベット僧のドキュメンタリー映画を観た夜に書上げたという TIMES AGOという曲には震えがくるぐらい感動しました。ナベサダの深く柔らかな悲しみと暖かさがこもったサックスと深く重い響きのベースに引き込まれ、感動、大満足。

 やはり、ライブは迫力と演奏者との一体感が何とも言えなく素晴らしい。

 

 映画「おとうと」を観ました。家族の絆って昔はこうだったんでしょうか。出来損ないはおとうとだから許されるんでしょうね。目下の者には愛情を注ぐものですから。温かい映画。人の死にあって全てのわだかまりがこのように溶けていけたらいいんでしょう。

 吉永小百合、彼女の内面から滲み出る美しさは別格ですね。

 

 平成22年2月22日、ぞろ目ですが特に記すべきことなく過ぎてしまい残念。

 2月23日は富士山の日。静岡県各地で催しがあったようです。この日は東京で会議でした。東京に向かう新幹線から多少曇っていましたが富士山が望めました。イベントに主役を欠くことがなく、関係の方々はホッとしたことでしょう。

 

 さて、来月は私の会社の年度末。追い込みが大変です。
そして、私は還暦を迎えます。誰かお祝いしてくれるのでしょうか。特に期待はしてませんけど・・・

カレンダー

«10月»
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

カテゴリーリスト

会社案内

株式会社
リスクコンサルティング
    静    岡

〒420-0025
静岡県静岡市葵区金座町47-1
金座ビル7階

Copyright (C) 株式会社リスクコンサルティング静岡 All Rights Reserved.